Profile

Takayuki "Tan" Arai


Photographer, Eclipe evangelist.
 

Born in Kanagawa prefecture in1983.

In Vancouver, Canada.
I held my camera to take a picture of the building "STUDENT HOUSING".
I heard a skater slipping from the left.
The moment the skater crossed in front of "STUDENT HOUSING" I released the shutter.
A pleasant sensation I had never felt before was transmitted from my fingers to my whole body like a lightning.

With this one photo as a trigger, I became a photographer.

In 2009, I have been taking pictures of the total solar eclipse since my first experience of the total solar eclipse on Yakushima. I'm also studying how the total solar eclipse affects humans through interviews with people who have experienced a total solar eclipse.

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

荒井 隆之

写真家、皆既日食エヴァンジェリスト


1983年 神奈川県生まれ。

2005年カナダのバンクーバーにいた時だった。

“STUDENT HOUSING”と書かれた建物を撮ろうとカメラを構えた。
左の方からスケーターが滑って来る音がした。
そのスケーターが”STUDENT HOUSING”の前を横切る瞬間、僕はシャッターを切った。


刹那、今まで感じたことがない快感が稲妻のように僕の指から全身に伝わった。


この一枚の写真をきっかけに写真家としての活動をスタートする。

2009年、屋久島で初の皆既日食の体験を皮切りに皆既日食の写真を撮り続けている。また皆既日食が人間にどのような影響をもたらすか、皆既日食体験者へのインタビューを通じて研究している。​